リーマンによるハイエナ日記 ハイエナ必勝法
 
■収支

たき

収支 2013/06/29時点
+3,226,100円

2013年
合計:+95,000円
06月+**8,500円 稼働**5.0h
05月+*26,000円 稼働*16.5h
04月+*12,500円 稼働*22.0h
03月+*34,500円 稼働*16.0h
02月+*46,000円 稼動**3.0h
01月-*32,500円 稼動*66.0h

2012年
合計:1,404,000円
12月+173,000円 稼動*36.0h
11月+***,**0円 稼動**0.0h
10月+**9,000円 稼働**4.0h
09月+*37,000円 稼動*34.0h
08月+*81,000円 稼働*56.5h
07月+599,500円 稼働120.5h
06月+375,000円 稼動*81.0h
05月+146,000円 稼働*66.0h
04月-*11,500円 稼動*41.0h
03月-*28,500円 稼動**9.5h
02月+*15,000円 稼動*11.5h
01月+**8,500円 稼動*15.0h

2011年
合計:1,762,000円
12月-*36,000円 稼動*16.0h
11月+*80,500円 稼動*50.0h
10月+264,500円 稼動*81.0h
09月+739,000円 稼動160.5h
08月+375,500円 稼動135.0h
07月+*51,500円 稼動*77.0h
06月-109,000円 稼動110.0h
05月+227,500円
04月+168,500円

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天井狙い ハイエナ必勝法
これからハイエナを始めようか、などと検討してる方の参考になれば、
ということで、約一年ハイエナをしてみて、重要だと感じたコツなんかを記述。
多少ハイエナをやれば、誰でもわかる事だとは思いますが。


まずハイエナをするにあたって、最初にホール選びが肝心になってきます。
その際のポイントを紹介。

ホール選びのポイント
 ・客層(年齢、知識レベル)
 若者、サラリーマン、年配、どの層が多いかを、まず把握が不可欠!
 20代前後の若者の大半は機種情報(天井、ゲームシステム、DDT打法)を把握しているので、
 こういった層がメインの店舗においては、狙い目の台が生じても、すぐに消化されてしまうので、
 あまりおすすめできない。サラリーマンの方は半々といったところでしょうか。
 年配の方は機種情報を把握していないので、天井付近、高確率といった良条件でも手放しがち。
 その為、年配が多いホール(過疎店舗の傾向)が比較的おすすめ。

 ・ホール(稼動、対策)
 ハイエナをするに値する台が生じる為には、まずホールの稼動が不可欠!
 といっても、稼動が良い店舗は客層が若かったり、ライバルが存在しがちなので、
 最終的には各々のバランスが良く、自分が台を拾えるかどうかが重要!
 また、ホールが閉店の際に天井付近の台やART中の台などに対して、
 どう対処するかの把握が不可欠!

 ・ライバル(同業者の有無)
 私はこれが最も重要なポイントではないか、と考えています。
 ハイエナのみ、もしくはハイエナメインのライバルがいると、
 それだけで格段に効率が落ちます。
 ライバルがいると、台の取り合いが生じ、台への張り付き(注意:かなり嫌われます)
 や高頻度のホール巡回なんかになりがちです。
 その為、前述2つの項目が多少悪い条件でも、ライバルが存在しないホールがおすすめ。
 
 ホールによっては、ハイエナを専門とする軍団がいたりします。
 そういった方々は、縄張り意識が強く、ピンのハイエナがいたりすると、
 威嚇したり、露骨に邪魔したり、声を掛けてきたり、色々としてきます。
 対処法としては、反応しないで無視をする、もしくは、
 相手にしないで別ホールを探すのが無難でしょう。


基本的にはこの3つがホール選びの際に重要なポイントです。
上記の3つが良条件なホールで数をこなせば安定した収支になります。
追加としてホールには関係ないことですが、

 ・自制心、収支管理、目的
 かなりの良条件ホールでない限り、ハイエナ可能な台が多々あるわけではありません。
 場合によっては数時間拾えないなんてことはざらにあります。
 そういった際に無駄打ちだったり、自分が設定している狙い目のボーダーを下げたり、
 といったこと自制できるかが長期的視点で勝つ上ではなにより重要!
 私としては、最近はホールに長時間待機といったことはしないで、
 良さげな台がない場合には即帰宅を心がけています。
 この自制を促す為の手段として、収支をつけることが挙げられます。
 収支管理を行うソフトとして、以前に「パチ管」を紹介したので、よければご覧ください。
 関連記事:2011年間収支 収支管理ソフト「パチ管」
 「パチンコパチスロ収支表Excel3.0.0」あたりも人気。

 収支管理ソフトでデータをつける他に、ネットでブログで収支を付けてみる、
 というのも一つの方法としてありかと思います。私のブログなんかは、
 完全にあとで自分が振り返る為の記録ブログになっています。
 
 あとはハイエナをする目的を明確化すると、より効率的になります。
 パチスロを打つといっても、目的は様々、時間潰し、娯楽、金、etc
 大部分の人は娯楽と金の両方で 娯楽:金=5:5 といった所か。
 ハイエナをするにしても、↑のような感覚ですと、どうしても無駄打ちが増えて
 金という観点からは確実に非効率になります。
 私の場合は、最初のうちは娯楽:金=3:7で、
 技術介入のひぐらしなどが好きで無駄打ちをしていましたが、
 最近はお金を得るのが目的になっているので 娯楽:金=1:9といった所。
 但し、パチスロ自体にそれほど面白さは感じなくなりましたが。

ホールででの稼動について
 ホールで実際に稼動する際には、おおまかに2タイプあると思います。
 一つ目は、「張り付き」、至って単純明快でひとつの狙い台に絞ってひたすら待つ!
 人によっては、打っている方の座席真後ろで待つハイエナもいますが、
 大半の方は、島の端や休憩椅子等で待っている印象です。
 二つ目は、「ホール巡回」、複数の狙い目の台を巡回して見る!
 ホールが密集している地域でよく見かけるタイプのハイエナです。
 
 まだボーダーラインには到達していない台などについては、
 ボーダーまでの残りG数を把握して大雑把にかかる時間なんかを見積もると効率的。
 例:エヴァ真実の翼 REG後382G 仮にボーダーラインをREG後550Gとすると、残り168G
 最速4.1秒/回転ですと12分ですが、天井付近の台を捨てる人はフルウェイトではないので
 6.0秒/回転すなわち1分で10回転程度で見積もり、20分弱後に台の状況を再確認すると楽。
 
 あとは、とにかく狙い台を止めそうな雰囲気の人を見分ける!
 凄いアバウトですが、やっているうちに自然と分かるようになります。
 一例を挙げると、駅前のホールにおいては予定の前に少しだけ打つ人が見受けられます。
 こういった方は予定の時間が近づいてくると、時計をチェックしたり、携帯を閲覧したり
 するので比較的わかりやすいです。場合によっては、ART中のまま捨てる人も。
 あとは、両替だったりサンドに入れる際の挙動なんかも見ると、
 その人がその後に、最低でも○千円は使うだろうな~、などと予想がつきます。
 他にも、やっていていろいろと感じた事はありますが、実際に自分でやってみるのが一番!
 
 あとハイエナをする際の心構えとして、基本的にハイエナ行為は店側、客側、
 双方から嫌われる行為であるということを認識しておきましょう。
 ハイエナ行為を定期的に行っていると、店側の判断によっては、
 注意を受けたり、酷い場合には出禁になる方もいるようです。
 

閉店チェックについて
 閉店チェックはかなり有効!前日閉店時の回転数さえ分かれば~、
 といった場面に何度も遭遇するので極力行いましょう。
 天井に近い台をどういった対処するか、を必ず把握しましょう。
 閉店時のリール出目チェック、朝一のガックンチェックや、
 各機種のシステム(例:優出モード、設定変更時の挙動、etc)で、
 ホールの対策の有無を把握できます。あとは実際に打って、変更されているか
 どうかを何度か確かめましょう。


余談
白夜書房が毎月17日に発売しているパチスロ漫画雑誌「パニック7ゴールド」で
連載されている「パチスロ西遊記」という漫画があります。
ハイエナで各地を回るという企画内容で、ハイエナをしている身としては、
あるあるネタ(例:ハイエナ軍団の縄張り意識)だったりして面白い。
多少なりとも立ち回りの参考になる?

スポンサーサイト
ハイエナ必勝法 | 02:59:33 | トラックバック(0) | コメント(13)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。